チベット入域許可証を待ちながら。EasternTibet

2013年、冬も近い東チベットのお話し。
2016年10月現在はメキシコ。

ちょいと中心を外れて歩いてみる。
出家をせずとも、ここに暮らすチベット人。髪の芸術的な編み具合。
IMG_4847.jpg
民族衣装がモンゴルに似ている。袖の長さなんかも。

巨大マニ車を回す人。この中には一体、どれだけの量の経典が詰め込まれているのだろうか。
一回しで、何文字分の読経に相当するのだ?!
しかも、両手で二つのマニ車を操るおばあさんまで発見。
ご利益を求める欲望には際限がない。
IMG_4855.jpg

オンマニペメフムという真言を石に彫る。
そしてそこらじゅうに積む。
IMG_4861.jpg

街中へもどる。
素晴らしい髪の女性を発見。
チベット文化圏で尊ばれる、トルコ石、そして山サンゴを頭に飾る。
山サンゴというのはサンゴの化石。
チベットは海から遠い内陸に位置するのにサンゴ。
何故か。
かつてユーラシア大陸とインド大陸は離れていた。それがぶつかり、海底は隆起しヒマラヤ山脈となった。
チベットの山々はかつて海底だったのだ。この話はインドネシア編へと続く。
PA171779.jpg
これらの装飾品は代々受け継がれていく。

今も拡大中の街。
PA171768.jpg

僧院内部を見学させていただいた。皆さん休憩中。
PA171777.jpg

夜に、お偉いさんの説法があるというので向かう。
青色LEDが世界を変えている一例。
IMG_4868.jpg
説法はというと、チベット語のため全く理解できず。
他国でミサなどに言っても同じことが起こる。現地の言葉が分からない。

終わりに高僧からカタをいただく。
以前も登場したがカタとは神聖な布のこと。むこうから授かることもあれば、謁見の際、こちらから贈ることもある。
そのとき、「なぜ、ここへ?」と英語で聞かれる。チベットの高僧は世界各地で説法をするため、英語を話せる場合が多いそうだ。
一緒にいたEちゃんが「ただ説法会が開かれているので、どのようなものかと思って来ました。」と答える。
僕だったら、以前からチベット仏教には興味があってうんぬん答えてしまいそうだが、彼女はバシッとしていた。ハードコアバックパッカーから学ぶことは沢山ある。

そろそろ、僕らのチベット入域許可証の準備も出来ているはずだ。
成都へ戻ろう。

途中で民族服を購入。
カム地方のカンパチュパと呼ばれるもの。ゆかのではなく、僕用に。
そのくらいかっこよかった。のと、カムアムド出身のチベット人に顔が似ていると言われたため。
PA171783.jpg

秋も終わりのため寒い。途中、レストランで暖かいものを食おうと画策。
チベット語が分からないので、メニューの写真を指差し、焼肉か何かに見えるものを注文する。
出てきたのは凍ったままの馬刺し。
食で温まるのはあきらめる。
PA171786.jpg

帰り道。
チベット様式の民家、全ての屋上に中国国旗が掲げられている。
PA181788.jpg
何故か帰りは道が封鎖されていて、回り道。
あとから知ったことによると、中国政府が中国国旗の掲揚と、国家の斉唱を強要。
それに反発したチベット人がデモ。陸軍はデモ隊に銃を掃射し、数人が死亡負傷ということがあったようだ。
これらの国旗は、あわてて掲げたんだろう。

帰りはチベット人のジープタクシーに乗る。
六人までしか乗せないという約束で前日に予約していたのだが、当日になると客は九人に増えている。当然、席はぎゅうぎゅうに。
ふざけるなである。むこうが約束を守らないのなら、こっちも約束通りの金は払わない。
計算し、9人乗りの場合の金額だけ払う。
相手と口論になる。むこうは一番小柄なEちゃんを標的に選び、どついてくる。大柄な僕じゃなく、小柄な女性ばかりはないだろうと、こっちもどつく。揉めに揉める。

向こうにパトカーが停車しているのが見えたので、そっちに向かい歩き出したところ彼らは退散。
中国のフリーペーパーのライターさんが、チベット人のことをあまり良く言っていなかったことを思い出した。

またね。

********************
Amazonをご利用の際は、このブログから飛んでいただけると幸いです!

いつもありがとうございます。しっかりと届いています。
********************
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

i love the earth

Author:i love the earth
長期世界旅行に2013年4月に出発。世界一周になる?ならない?!
地球のでかさを思い知り中です。誰だ地球は小さくなったなんていったのは?!

僕のビール代に。なんていいながらまだ1円も使ってませんよ。

language

検索フォーム

QRコード

QR