エンジョイ・ヤンゴンYangon, Myanmar

 朝は路上でごはん。味はまぁまぁだが油が大量。油漬け状態。炎天下でも日持ちさせるため?!

P5120621.jpg
 スポーツバーを見つけたので入ってみる。好みの風味であるミャンマービール70円をジョッキで頂きながら、画面の中のサッカーを観賞。うむ、この試合は明日会場で見ようと思っていたやつだ。何故、今日行われている。サッカー協会のHPで日程も確認したのだが。。

P5110581.jpg
 予定変更で、ヤンゴン動物園へ。
 初めて見た、恐竜のような鳥。日本名ヒクイドリ。英名カソワリィ。バナナを餌付けできるのだが、指まで持っていかれそうな勢いだ。このヒクイドリ、地球上で最も獰猛な鳥としてしられる。原産地はオーストラリア。移住した白人たちはこいつらにもだいぶ苦戦したらしい。この出会いの一年半後、僕らはこいつら居住区に住むこととなり、何度か野生のを見かけることとなる。

P5120632.jpg
 カバ。ゾウと並んで、地球上で最も危険な動物として知られる。ここヤンゴン動物園では、餌付けすることが出来る。

P5120644.jpg
 危険と隣り合わせの動物園。優香は手を伸ばし、嬉しそうに触っていたが本当に危険だと思う。

IMG_3033.jpg
 素敵なフォルムの鳥、ホーンビル。僕はこいつを気に入り、後にマレーシアまで探しに行くことになる。

P5120625.jpg
 世界一有名なネズミ。展示ではなく、お忍びでの訪問と思われる。新たなキャラクターを探しにきたのか、ミャンマーのこれからを見越し、動物園買収の下見か。

P5120654.jpg
 日本の動物園との違いも楽しめたので満足。


 翌日は気を取り直して、スタジアムへ。宿のオーナーに調べてもらった結果、別なチームの試合があるらしい。しかも日本人が所属。期待できる。
 スタジアム外観。スタジアムの周りを建物が取り囲み、商店などのテナントが入り、複合施設となっている。競技場としての役割しか持たない、日本のスタジアムの数歩先を行っている。

P5120665.jpg
 チケットボックスにて当日券を購入。200円だったかな。プラスチックの椅子に座っているオバさんが、販売員。向かいの椅子にはチケットが並べられていた。

P5120667.jpg
 メインスタンドからの眺めは悪くない。

P5120675.jpg
 ミャンマーはサッカー人気の高い国だ。しかし人気があるのは欧州リーグ、特にイングランドプレミアリーグばかり。どう自国リーグの盛り上がりに繋げられるかがポイントだろう。日本からもスカパー海外事業部の方が、実際のサッカー熱を確認するため、視察に来ていた。経済同様に発展するのか、欧州にパイを奪われ続けるのか。これからが楽しみだ。

P5120670.jpg
 ファン達。国民性をあらわしているのか、どうしたらいいのか分からないのか、彼らはひたすら無言でピッチを見つめていた。場が沸くこともほとんどない。

P5120676.jpg
 残念ながら、日本人選手は欠場。VIP席へと連れて行ってくれた。後ろに座ったのは女子代表監督。後日、コーヒーを飲みつつ、この選手からミャンマーリーグのことを色々と伺う。貴重な機会だった。

P5120684.jpg
 バスでヤンゴンを離れる。

P5130687.jpg
 一人で運転している運転手の眠気覚ましなのか、夜行バスでは毎度、夜中の3時くらいからヘビメタが爆音で流れていた。
 午前3時のアイアン・メイデン。



□□□□□□□□□□□□□□□□□
  『とにかく早い者勝ちっ!』  
  ドメイン取るならお名前.com     
□□□□□□□□□□□□□□□□□
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

i love the earth

Author:i love the earth
長期世界旅行に2013年4月に出発。世界一周になる?ならない?!
地球のでかさを思い知り中です。誰だ地球は小さくなったなんていったのは?!

僕のビール代に。なんていいながらまだ1円も使ってませんよ。

language

検索フォーム

QRコード

QR