成都の街角から。China

2013年の秋が近い中国。
今はノルウェー領スヴァールバル諸島。世界最北の町に滞在中。

中華モスクの仲見世を抜けて、通りへ出よう。中国の通りはいつだってエキサイティング。

いかした髪のおぼっちゃん。

PA011583.jpg
ざくろジュース売り。女性の健康食ですね。ざくろはどの国でも高いんだよなぁ。
PA011586.jpg
鼻眼鏡と、頭皮マッサージの何かを同時に売りさばく、行商のおばさん。
自ら二つとも装着している。
PA011587.jpg
PA011585.jpg


オバマ大統領の毛沢東コスプレTシャツ。
PA011590.jpg

こんな感じで、中国の雑踏はなかなかのギャグセンス。クオリティー高し。

飯をいただく。うまし。
身体に危険なものが含有されていないことを祈るのみ。
PA031595.jpg

成都に到着し、飯をいただく。
手打ち麺や刀削麺など。謎の液体を混ぜていたのが気になるが、味は良し。液体は油だったと思うことにしよう。
PA031594_20160704024939ac1.jpg


私、誕生日を迎える。成都で迎える。
2人からチョコレートとビールをいただく。
PA051599_20160704024943793.jpg

我々はこれからチベットを目指す。このとき現在、チベットに外国人が入域するには、中国政府からのパーミッションと
ガイド、車とドライバーを雇う必要があった。旅行会社にコンタクトを取り、ツアーを組む。
パーミッションは2週間待つ必要があった。そんな中での誕生日。

宿にいた日本人青年と火鍋を食べにも行ってしまう。
PA051600_20160704024937c3e.jpg

真っ赤にグツグツ、地獄の火山口のようなお姿。味は激辛。

PA051601.jpg

うまいうまいと食べていたが、数週間後、この地区の火鍋屋が摘発されたというニュースを見る。
僕らが食べた店じゃないよなぁ。。
火鍋のスープに、アヘンの素となるケシのモミ殻を入れていたということ。
そりゃ中毒性抜群だ。さすが中国な事件。

チベット入域パーミッションを待つ間に、中国の滞在期限が来てしまう。
そのため一旦、香港へ飛ぶ。そしてまた中国へ戻ってくれば、滞在期間がリセット。
モンゴルと同様にビザランというやつ。

またね。
********************



********************
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

i love the earth

Author:i love the earth
長期世界旅行に2013年4月に出発。世界一周になる?ならない?!
地球のでかさを思い知り中です。誰だ地球は小さくなったなんていったのは?!

僕のビール代に。なんていいながらまだ1円も使ってませんよ。

language

検索フォーム

QRコード

QR