モンゴリアン・フットボール。Mongolia

2013年夏のウランバートル。

さてさて、ゲストハウスが満室なため、別なとこを探す。
ちなみに安宿の呼称。
アジアではゲストハウス。欧州ではホステル。オーストラリア、ニュージーランドではバッパー。
バッパーという人がいたら、その人はワーキングホリデー経験者で間違いなし。
P8301294.jpg
ガナーに呼ばれ、彼の友達のタミラァの家へ。
昼から酒はモンゴルの基本。つまみはキムチとタクアン。
このタクアンも韓国のもの。日本文化普及は完全に負けていますね。敗北です。現実です。
韓国コスメに韓国料理、韓国ドラマに韓国音楽。現実です。
P8301296.jpg

翌日はサッカーを見に。
僕の愛するベガルタ仙台。その仙台に所属していた選手がモンゴルリーグで活躍しているのだ。
しかも、リーグ最終戦の優勝が決まる試合。日程が分からなかったので、選手ご本人に教えていただいた。
会場へ向かう。
スポーツ施設が集まっている場所へ。
P8311297.jpg
スタジアムに到着!
はい、改装中!
試合はどこへ?!
P8311299.jpg
一応、スタンドはこんな具合。
P8311300.jpg
大慌てで聞き込みを開始。
サッカー協会の事務所が近くにあったので、そこで聞く。
仮のサッカー場へタクシーで向かう。
モンゴルにはタクシーというものはない。そこらの車を停めて交渉するスタイル。

砂の中を爆走、急げ。
P8311301.jpg
着いた。
草原と山が広がる素晴らしい立地。これぞモンゴル。
背景の山と、ピッチの緑が続いているかのようだ。
P8311303.jpg
モンゴリアンウルトラス。名前を聞かれたので「カマタ」と答えると、「カマタッ!ドンドンドン!カマタッ!ドンドンドン!」の大合唱がはじまってしまった。
IMG_4214.jpg
敵チームのウルトラス。
IMG_4217.jpg
お目当ての選手の勇姿。
ほとんどの攻撃は彼を経由していた。
IMG_4219.jpg
ブラジル人と彼のレベルが高く、他選手との差が激しい。

点が入らず会場のファンたちは煮えきらない。
痺れを切らしたファンは、スタンドから降りて監督に自分の采配を直談判する。
その度に監督は「まぁまぁまぁ。」と対応しなくてはならない。
その度に、つまりは1人2人じゃないということ笑。なんという牧歌的優勝決定戦。

前半終了と同時に、相手ファンがピッチに乱入しフラッグを振る。
IMG_4223.jpg
スコアは失念。試合終了をもって、優勝決定。
ファンがピッチになだれ込む。
IMG_4231.jpg
おめでとうございます。
いいなぁ優勝。いつの日か仙台も。
IMG_4245.jpg
日本人選手のご好意で、メダルをかけさせていただく。
P8311317.jpg
素晴らしい景色です。
P8311322.jpg

この日本人選手は、愛称が「アジアの渡り鳥」。
現在19の国と地域でプロとしてプレイ。ギネス記録。
アジアのサッカーについて調べると、ほとんどの国で彼がプレイしたという記録が出てくる。
日本サッカーが誇る偉大な海外組だ。
彼の言葉で強く覚えているのが「日本人の前で点を取りたかったのだけど、ダメでした。次の機会には良いとこを見せられるように、もっと練習して精進します。」

これからもますますのご活躍を!

********************
知られざる偉大な海外組の著書。


********************
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

i love the earth

Author:i love the earth
長期世界旅行に2013年4月に出発。世界一周になる?ならない?!
地球のでかさを思い知り中です。誰だ地球は小さくなったなんていったのは?!

僕のビール代に。なんていいながらまだ1円も使ってませんよ。

language

検索フォーム

QRコード

QR