旅行中に出来た初めての友達Buriram, Thailand

 試合の翌日、市場でご飯を食べようと道を行くと、途中でタイ人の若者2人に声をかけられた。
 ヨウとチョウ。
 一緒にご飯を食べることに。よく見るとチョウは、ベガルタ仙台の選手が着るシャツを着ている。どうやら働いているホテルに仙台の選手が宿泊しており、選手がくれたのだという。
P4250227.jpg
 あれこれタイ料理や、この町について説明してくれる。

 いつこの町を去るのか聞かれ、数日は滞在すると伝えると、では一緒に遊ぼうという流れに。まずはそのまま町のディスコ、スピードへ。
P4260233.jpg
 ヨウはこのディスコでシンガーやダンサーをしており、顔が利くようだ。
P4260231.jpg

 翌朝、ヨウが僕らをゲストハウスまで迎えにやってくる。チョウは仕事。ヨウは全く英語を話せない。知ってる単語は、ビール、トイレ、ドッグといったレベルのものだけ。お互い察しての会話。しかし、今思い返しても楽しい数日間だった。こういう体験があるから、本腰を入れて英語を学ぼうとしない。

 連れて行かれた先は、ヨウの母親の食堂。
P4260241.jpg
 ヨウが言う(伝える)には、母親の料理はとても美味いぞと。たしかにその通り、客もひっきりなしだ。
P4260249.jpg
 限界まで食べさせていただいた後は、彼の叔父の車を借り、ドライブへ。
P4260256.jpg
 著者高所恐怖症。

 そして階段をひたすら上る。
P4260260.jpg
 著者体力少なめ。

 その先にあるのは、
P4260266.jpg
 大きなブッダ。
P4260270.jpg
 人はいつも高いところを、聖なるところとする。

P4260274.jpg
 この景色を見ていると、分からないでもない。

 賭場に連れて行かれる。さすが、遊び人。
P4260300.jpg
 そして夜はまたディスコ。客パンパンのところで、無理やりDJをさせられる。
P4270310.jpg

 翌日は彼らの友人、バンくんも一緒に少し遠出。
P4270318.jpg
 行き先はクメール遺跡。今は気軽にカンボジアのアンコール遺跡を訪れることが出来るが、カンボジアが内戦で危険なときは
、旅行者が行ける最大のクメール遺跡がここだったという。
P4270319.jpg
 ひさびさのクメール遺跡に心は高鳴る!小学生のときに僕をワクワクさせた、ドラゴンクエストのようだ。
P4270367.jpg
 P4270338.jpg
P4270391.jpg
 みんなで遠足って楽しいな。

 また別な日には、ブリーラムユナイテッドのリーグ戦を見に行ったり。
P4270413.jpg
 発つ日の前の夜には、ヨウの家でお母さんが豪華な食事を用意してくれた。
P4270423.jpg
 ゾウが2頭とも同じ方向を向いているラベルのチャンビアー。ヨウの技。さすが遊び人。

 あっという間に出発の日。仕事があるはずの、チョウもバスターミナルまで見送りに来てくれた。
P4280430.jpg

 彼らは泣いていて、僕も少し泣いた。
 またね

********************

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

i love the earth

Author:i love the earth
長期世界旅行に2013年4月に出発。世界一周になる?ならない?!
地球のでかさを思い知り中です。誰だ地球は小さくなったなんていったのは?!

僕のビール代に。なんていいながらまだ1円も使ってませんよ。

language

検索フォーム

QRコード

QR