ライド・オンMongolia

今僕らはトルコで刺繍探し中。小さな村に行ってみたり、町の定期市へ出向いたり。
以下は、2013年の夏のおはなし。モンゴルでの素敵な思い出。

BBQで動けないほどに腹いっぱいになった僕らは、ガナーの奥さんの実家へ連れて行ってもらえることに。
こちらはさらに田舎、大草原の真ん中にある。
P7111472.jpg
沢山の馬がいるらしく、「馬乗ると楽しいよ。」とのこと。
P7111474.jpg
乗馬は人生で初めてだ。


ゲルが見えてくる。ゲルとは、遊牧民の移動用テント。分厚いフェルトと、骨組みからなる。現地でのお値段は数万円から。欲しかったけれども、日本の梅雨と台風には耐えられる気がしない。
大草原の小さな家。
IMG_3599.jpg
空、大地、家畜、ゲル。ザッツイット。
P7111477.jpg
お邪魔します。初ゲル。
P7111483.jpg
内部は思ったより広い。
P7111481.jpg
緊張した面持ちで、馬乳酒をいただく。
家畜の乳を発酵させた飲み物。微炭酸の低アルコール。大事な栄養源だ。今はまだ夏のはじまり。もう少し熟成が進むと、さらにうまくなるということ。
P7111478.jpg
少し別の角度から、ゲルの中。
ゲルは中央2本の柱で支えられている。この柱の間を通り抜けるのは禁忌。
IMG_3601.jpg
さて、馬乳酒を飲み干して、外に出よう。
P7111490_201604050255433bb.jpg

まずは、ゆか。
P7111502.jpg
先導付き。モンゴルの馬は小型でタフ。ある程度長い距離を走ることが出来る。
IMG_3629.jpg
気分はチンギスハーンの騎馬部隊だ。

そして僕も。
P7111499.jpg
独特の揺れになれない。
馬がさらに小さく見えるな。
IMG_3626_20160405025537ce8.jpg
扱いが下手だと、暴走することがあると聞いているので緊張。とはいっても、走るのではなく歩いているだけ。
いつもより、高い視点が気持いい。

とりあえずの乗馬体験は終了。
渓谷に行こうということに。名前は忘れたが、ツアーなどで、良く訪れる場所らしい。一路、車で。
IMG_3640.jpg
到着。モンゴル人には、バーベキュー、キャンプ地として人気があるらしい。
P7111507.jpg
チンギスハーンが遠征時に使用していた鍋だとかなんとか。
P7111517.jpg
昔は、仏教寺院などがあったそうだが、ソ連のコミュニストに破壊されたとのこと。
渓谷をぐるっと歩いてから、実家へ帰る。
P7111546.jpg
また食べる。
P7111547.jpg
これは、わけぎの塩漬けのようなもの。これと肉が良く合う。

帰り道、向こうに広がるのがウランバートル。若干の盆地。
P7111552.jpg

またね。

********************
いつもありがとうございます。アマゾンご利用の際は、このブログを思い出してください。

このブログ経由の購入でも値段は変わりませんので、ご心配なく!
********************
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

i love the earth

Author:i love the earth
長期世界旅行に2013年4月に出発。世界一周になる?ならない?!
地球のでかさを思い知り中です。誰だ地球は小さくなったなんていったのは?!

僕のビール代に。なんていいながらまだ1円も使ってませんよ。

language

検索フォーム

QRコード

QR