いつもくもり、北京Beijing,China

現在は、トルコの田舎村にホームステイ中。ゆかは刺繍の修行中。僕の体調不良も快方に。
以下は2013年7月のおはなし。

大きなバックパックが2つ、小さなバックパックが1つ、貴重品バッグが2つ、スーツケースが1つ、入りきらないものはビニールバッグに。
これが当時の装備の全て。自分の持ち物は、自分で運べるものだけ。
ミニマリストとはベクトルがちょっと違う。
P7041327.jpg
そしてまたまた北へ北へ、北の京、 北京へ一気に38時間の北上。
P7061337.jpg
中国の列車はお湯がもらい放題。みんなが持ち込むのはお茶とこれ。
これがけっこう美味く、はまる味。高菜の酸味がやみつきだ。日本でもいけそうなクオリティ。
P7051331.jpg
と思いきや、数ヵ月後に重金属が混入していたとニュース。中国ならではの勘弁してくれ。
日本では難しいクオリティ。

列車内はこういう具合。上下にベッドが並ぶ。高い席は二段ベッド、安い席は三段ベッド。もっと安い席はただの椅子。
P7061335.jpg
ベッド席を買う事ができれば、とても快適だ。バスと違い、急ブレーキも急カーブも無い。
お茶を飲み、本を読み、ゆったり過ごすのみ。寝て起きておしまいの短時間の夜行列車より、断然長時間の夜行列車が好きだ。

そして着いた北京。聞いていたとおりの曇り空。
P7061339.jpg
日差しはけっして弱くない曇り空。
原因は大気汚染。
P7061338.jpg
食べ物と大気汚染が本当に恐怖だった。

中国にビザ無しで滞在できるのは2週間。さっさと出国しなくては。
増えた荷物を日本へ送る。大きい郵便局へ行けば梱包もすべてやってくれる。後日、しっかり日本に到着。
P7071343.jpg
国境を越える国際列車は、どこの国でも高い。国境までバスで行き、入国後に列車という方法をとる。

次の国は、モンゴル。
一番行きたかった国のひとつ。
そして、今も僕らの中でナンバーワンの国だ。

またね。

********************
アマゾンをご利用のときは、このリンクから飛んで頂けると幸いです!


毎度ご協力ありがとうございます。
********************
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

i love the earth

Author:i love the earth
長期世界旅行に2013年4月に出発。世界一周になる?ならない?!
地球のでかさを思い知り中です。誰だ地球は小さくなったなんていったのは?!

僕のビール代に。なんていいながらまだ1円も使ってませんよ。

language

検索フォーム

QRコード

QR