チェンマイでトレッキング2泊3日Chiang mai,Thailand

 古都チェンマイは、タイの北部に位置する。
 北部は山岳地帯。山のあるところでは、山に行こう。日本では良く日帰り登山に出かけたものだ。特別、技術も体力もないが、山頂で食べるご飯がうまく、通っていた。
 ここチェンマイで行くのは、登山ではなくトレッキング。登山が頂を目指すのに対し、トレッキングは山頂ではないどこか一地点を目指す。初の海外ということで、ガイド付きのツアーに参加する。今だったら、地図を買って、自分たちだけで行くのだろうなぁ。

 このツアーはゾウに乗るところからはじまる。
P4190083.jpg

 さかのぼること数年前、チェンマイのゾウ使いの村に滞在し、一日中ゾウの頭の後ろに乗っていたことがあった。今回は、背中の上へ。頭の後ろには敵わないが、久しぶりの良い感覚。
数年前の経験で、ゾウ使いたちとゾウは、ペットではなく家族と師弟関係が合わさったような絆で結ばれていると感じた。西洋人が、動物愛護の観点から止めさせようとしているようだが、そう簡単にいくものではなかろう。

 日に照らされ続けたのでひと休み。気温38度。
P4190092.jpg

 そして歩き出す。
 これがキツイ。本当にしんどかった。同じグループのイングランド娘が、猛スピードで登り道を行く。こっちは付いていくのに必死だ。酸素を送るために、肺は最大値で拡大、縮小し、心臓は裂けるのじゃないかというほど激しく鼓動を打つ。何度ギブアップしようと思ったか分からない。しかし、まだこれは旅のはじめ。このくらいでへこたれているようじゃ、この先待ち受ける難関を突破出来ないぞ、と優香と話し続行する。本当にしんどい。
 ちなみに、これを書いている時点で、これほど体力的につらい経験はまだない。
P4190103_201512210433294b4.jpg
 暑さで水分が全て流れ出し、持っていた水も飲み干してしまった。ガイドが「あと5分頑張れば、セブンイレブンでコーラを飲めるぞ。」と言う。朦朧とした頭で(ここにセブンイレブン?)と思うが、それを希望とし、力を振り絞る。

 そしてあったぞセブンイレブン!確かに張り紙にセブンイレブンと書いてある。
P4190105.jpg
 ありがとうセブンイレブン。助かったよ。

 なんとか陽が落ちる前に、宿泊先の村に到着。猛スピードイギリス娘は、颯爽とバケツ水を浴びに。僕らはすぐには動けない。
P4190109.jpg
 静かに夕暮れが訪れる。
P4190110.jpg

 さて、二日目も歩け歩け。今日も地獄がはじまるぞ、と思いきや、イギリス娘に異変。身体中が筋肉痛で、全く動けないらしい。
P4200136.jpg
 昨日は4-5時間かかる道を、2時間かからずの踏破だった笑。今日は仲良くゆっくりと行きましょう。
P4200133.jpg
 このように、地元民の生活道を行く。今日は、田舎ののんびり具合を楽しめながら進めた。
 生活の香り。
P4200148.jpg

 暑さも最高潮となったころに、水浴び休憩。滝で一気にクールダウン。P4200156.jpg

 たどり着いた宿泊先には、猫が多数。猫狂いの優香は、僕が狂犬病を恐れ、触るのを止めるも、気にせずにじゃれあう。頑張ったご褒美だ。
P4200161.jpg

 夕飯を頂き、陽もどっぷり暮れたが、小屋の持ち主家族の娘による、タイ語講座はいつまでも続いた。しかも、間違いを許さぬスパルタ。言葉を習うには子供からが一番だ。大人とちがい、ある程度で十分ということや、察するということをせず、ビシバシ指摘してくるから。
P4200164.jpg

 翌日は、少しだけ歩き、河をラフティングで移動し終了。田舎村を楽しませていただきました。こうやって思い出すと、ツアーもいいものだなぁ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

i love the earth

Author:i love the earth
長期世界旅行に2013年4月に出発。世界一周になる?ならない?!
地球のでかさを思い知り中です。誰だ地球は小さくなったなんていったのは?!

僕のビール代に。なんていいながらまだ1円も使ってませんよ。

language

検索フォーム

QRコード

QR