聖地カイラス山。Mt.Kailash,Tibet

3年前のことを今更書いているこのブログを、世界一周ブログランキングトップにしよう!
みなさんにこの下のバナーをクリックして頂くと、ランキングが上がる仕組み。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
********************

2013年の冬の西チベット。
2016年の今は中米。タフムルコという山に登りました。

さぁ、西へ。
PA280111.jpg

途中の飯屋にて。
ポタラ宮の写真や、真言といっしょにFCバルセロナ選手イレブンの写真が飾られている。
まだ大学生のような風貌のメッシが。
世界中にサッカーが。
PA290113.jpg

この絵は以前話したアレです。
古いチベットの言い伝え。
チベットの大地には、鬼女がいる。それを鎮めるために上に町を作った。
心臓の位置にあるのがラサ。
この絵の女性は完全に鎮められていますね。
IMG_5371.jpg

途中のだいぶ小さな村。街道沿いの村。
そこの寺。
IMG_5373.jpg

早速なのか、とりあえずか。
マニ車を回すEちゃん。一回転させると、中に収められた経典を唱えたのと同じご利益があるという。
IMG_5380.jpg

中の経典が重過ぎて壊れてしまっている。
欲張りすぎでしょう。
IMG_5385.jpg

ヤクの角に真言が彫られている。
IMG_5384.jpg

そこらじゅうに。みんなで唱えよう、オンマニペメフム。
IMG_5387.jpg

ロケーションはこんな具合。
どうしてここに寺が置かれたのか。聖なる場所に選ばれたのか。
IMG_5388.jpg

また途中の飯屋にて。
ダライラマの肖像を所持することは犯罪であるこの土地では、故パンチャンラマの肖像が掲げられていることが多い。
しかしこの飯屋では、チベットをメチャクチャにした毛沢東の写真が掲げられている。
ここの主人が本心から毛を尊敬しているのか、仕方なくなのか。
聞くことも出来ずに。
IMG_5393.jpg

僕らはチベットの麺類、トゥクパを注文。
ドライバーの親父はチベットの主食であるツァンパを食う。麦の粉をバター茶やらで練ったもの。
IMG_5395.jpg

雪山が見えてきた。
IMG_5400.jpg

ドライバーの親父が車を停める。
IMG_5405.jpg

鹿がいた。
このドライバーは動物がいるたびに車を停める。
僕らへのサービスというより、動物好きなようだ。相当ワクワクしているのが伝わってくる。
IMG_5408.jpg

高山のふもとに湖。
IMG_5414.jpg

そして向こうに見える異様なフォルムの白い山。
カンリンポチェことカイラス山だ!
IMG_5418.jpg

チベット仏教、ヒンドゥー教、ボン教、ジャイナ教と4宗教の聖地、カイラス山。
チベット仏教にとって、カイラスは釈迦であり、ヒンドゥー教にとってはシヴァ神。
チベット仏教とボン教で取り合ったと言い伝えられる山。

チベット仏教徒吟遊詩人ミラレパvsボン教徒ボンチュン
一回戦はボンチュンが神通力で岩を割り壁を作った。
ミラレパは岩を割り、それを宙に浮かべ天井にした。ミラレパの勝ち。

二回戦は先にカイラス山の頂上に達した者が勝ち。
ボンチュンは太鼓の音に乗って頂上へ向かった。
一方、ミラレパは日の出の光に乗って頂上へ達した。
ミラレパの勝ち。
ミラレパ好きです。

そしてカイラスはチベット仏教の物に。
ボン教が代わりに与えられた山がこちら。
IMG_5422.jpg

よし。いよいよカイラスの周りをグルリと回るカイラスコルラへ。
達成すると、一生分の罪が消えるらしい。僕の罪も消えますように。

またね。

********************
Amazonをご利用の際は、このブログから飛んでいただけると幸いです!

********************
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

i love the earth

Author:i love the earth
長期世界旅行に2013年4月に出発。世界一周になる?ならない?!
地球のでかさを思い知り中です。誰だ地球は小さくなったなんていったのは?!

僕のビール代に。なんていいながらまだ1円も使ってませんよ。

language

検索フォーム

QRコード

QR